地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市美浜区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市美浜区の地域情報サイト「まいぷれ」

GO!GO! 千葉ジェッツ

赤穂雷太選手が千葉ジェッツで感じる手応え、そして後輩たちへ

母校・市立船橋高校の後輩たちへの動画メッセージも

2020/12/27

千葉県初のプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツ」の情報をお届けする千葉ジェッツ公式応援サイトです。どのメディアよりも熱く深い愛情を持って取材記事を更新していきます。
チーム練習がお休みで、個人練習が行われる船橋アリーナ。
「からだを動かしたくて」と、大村将基 スキルディベロップメントコーチとハードな ワークアウトをする姿。
赤穂雷太選手(背番号6)に、千葉ジェッツでの活躍について、母校である市立船橋高校のウインターカップ欠場について、お話を伺ってきました。
サイン入りの読者プレゼントもありますのでお見逃しなく。

「本来のポジションで信頼を勝ち取らなければいけない」

オフ返上で練習に汗を流していました。
オフ返上で練習に汗を流していました。
― 今日はオフにもできたわけですが、お休みの日はどのように過ごしていますか?
だいたい家のことをしています。掃除したり、ごはん作ったり。主食は作らないけど、ひじきの煮物とか作りおきするようにしています。お料理は好きで、小さいときから自分だけ母親が作っているところをずっと見ていました。ひまわり(双子の赤穂ひまわり選手)とさくら(実姉の赤穂さくら選手)より、ずっとうまいと思います。あの二人、何もできないと思いますよ。

― 兄弟仲がいいですね。
たまたま、本当にたまたまなんですけど(笑)、いまフリースローが全然入っていないんですね。そのことを、すごくいじられました。「もしも次の試合でパーフェクトだったらお小遣いあげるよ」と言われていたんですけど、打つ機会がなくて。打ちたかったですね。お小遣いのために準備がんばります(笑)
この日もフリースローの練習に余念がありませんでした。
この日もフリースローの練習に余念がありませんでした。
― ジェッツに新規加入して、ここまで胸を張れるパフォーマンスができているのではないですか?
自分の中では、あまり試合に出られているという感覚ではありません。けが人の関係で4番ポジションでプレータイムをもらえて、たまたまギャビン(ギャビン・エドワーズ選手)が休んでいて出られるチャンスがあっただけなので、これからもっともっと信頼を勝ち取らなければという危機感もあります。試合に慣れることはできているので、これからが本番で、本来のポジションでプレータイムを勝ち取れるように頑張ります。

― これからが勝負というお気持ちということですか?
もちろん4番でプレータイムをもらえるなら、挑戦して結果を残したいとは思います。新しい発見もあって楽しいので、そういう意味ではプラスに捉えてはいます。でも最終的には2~3番のポジションを獲得するのが目標です。少なからず、大学のバスケを辞めてここに来る時点で、プレータイムさえもらえれば結果は残せるという自信はありました。練習では4番をやったり、2~3番もやったりなので難しくはありますけど、しっかりやりたいなと思っています。

― コート上で2~3番の選手を見て勉強になることはありますか?
ベンチで見ていても、こうやったほうがいいのかなあと、そういう目で見ています。大学ではベンチにいる機会があまりなかったので、いい経験になっています。アキさん(藤永佳昭選手)や文男さん(西村文男選手)といったポイントガード陣の隣に座っていると、「今はこうプレーしたほうがいいんじゃないか」と言うのが聞こえてきます。こうやって考えてプレーしているんだなと勉強になります。
4番ポジションでは外国籍選手とのマッチアップが多く、身体を張ったディフェンスを見せます。
4番ポジションでは外国籍選手とのマッチアップが多く、身体を張ったディフェンスを見せます。
― イヤーブックの中で「優勝するチームには何かあるはず」とおっしゃっていましたが、見えてきたことは?
オンとオフの切り替えがはっきりしています。チーム練習のあとでもシュート練習やワークアウトを、しっかりと目的をもってやっています。練習中の5対5でも、ただの練習ではなくて勝ち負けをしっかり意識して、何なら議論も始まるくらいにやるので、そういう競争がチームを強くしていると感じます。

― そういう練習が、結果につながっていると?
こういう練習をやっていたら、負けないという自信があります。大野ヘッドコーチも厳しいですし、そういうところで自信が生まれて結果が残ってくるのだと思います。シュートもドリブルも、アタックも、大村コーチは自分の知識にないことをワークアウトでやってくれますし、今まで試合でできなかったプレーを出せるようになりました。こういうワークアウトはすごく大事だと思っています。

― プロ契約をしてよかったと思いますか?
大学に残っていたら大会もなかったので、今年はもっと大変だったと、結果論として思います。たとえ大会があったとしても、ジェッツに来たほうが自分は成長すると思ってプロ契約にして実際に成長できているので、自分の中では本当に来てよかったなと思っています。
プライベートでも田口選手とは仲がいいそうです。
プライベートでも田口選手とは仲がいいそうです。
― 千葉ジェッツに入って衝撃を受けたことはありますか?
おーみさん(大宮宏正選手)の人柄ですね(笑)。あんなに誰にでもフレンドリーな人には今まで会ったことがなかったので、衝撃が強かったですね。おーみさんがなじみやすい環境を作ってくれてるのはありがたいわけですけど、最初は衝撃でした。まじめな話もするし、相談にものってくれるし、とことんふざける。それこそオンとオフが一番はっきりしているかもしれませんね。試合でも、出ていきなりシュートを決めるし、必ず結果を残すのですごいなと思います。相談したら、豊富な経験から自分のためになることをいっぱい話してくれます。そういう意味では、本当に尊敬をしています。

― プライべ―トでも大宮選手と仲がいいですか?
おーみさんと食事に行くこともあります。プライベートで一番仲がいいのは、シゲさん(田口成浩選手)や原さん(原修太選手)です。自分の思っていることを聞いてくれて、自分がたまっていることを吐き出せて。いつも気にしてくれるので、本当にありがたいです。

― みんな優しいですよね。
ほんとに、みんな優しいんですよ、ほんとに。自分でも、可愛がってもらってるなって思います。外国籍選手もみんな性格がいいです。シャノン(シャノン・ショーター選手)は、怒られてもふてくされることなく一生懸命練習します。ダンカン(ジョシュ・ダンカン選手)は……お父さんですよ(笑)。僕は英語が全然喋れないんですけど、バスケットのことなら言っていることは大体わかります。普段は、とりあえずわかってる単語を並べれば察してくれます。

― ところで髪の毛をセットするようになったのは?
開幕戦からセットしていて、ただ慣れていなくて遠征にワックスを持って行くのを忘れて2戦目はセットしなかったんです。そのとき、みんなに軽く注意されました。見せる競技、見られる競技だからちゃんとしたほうがいいよって。ふだんはいいけど、試合はそういうところをやったほうがいいかもしれないよって。それからはセットするようにしています。

あらゆる意味で、みなさん意識が高いですね!
美容院に行ってから練習に来たのは、この取材のためだとか違うとか……。
美容院に行ってから練習に来たのは、この取材のためだとか違うとか……。

全国大会を欠場した後輩のためにBリーガーとしてできること

赤穂選手は市立船橋高校(市船)出身であり、自身が大きく成長した場所とコメントをしています。千葉ジェッツへのプロ契約が決まったこの夏には母校を訪問し、後輩に「インターハイはなくなったけどウインターカップが残っているので、それを目標に頑張ってほしい」とエールを送りました。
2020年7月7日、母校の市立船橋高校を訪れ、後輩にエールを送りました。
2020年7月7日、母校の市立船橋高校を訪れ、後輩にエールを送りました。
見事にウインターカップへの切符を手にした市船は、12月24日に初戦を迎えるはずでした。しかし新型コロナウイルスの陽性者が多数確認されたことから12月10日にクラスターと認定され、欠場することになってしまったのです。0対20の不戦敗で、大会を終えることになりました。

後輩たちにエールをと取材をお願いしたのですが、取材の前日に欠場が発表され、辛い取材に。赤穂選手は神妙な面持ちで、言葉を絞り出すようにして語ってくださいました。

― 市船のニュースを聞いたときは、どのようなお気持ちでしたか?
ニュースで聞いたときは、すごく衝撃を受けて、「まじか」と思いました。でもまだウインターカップまで時間があったので、出られるのではないかと思っていました。(練習ができないので)コンディション的な問題はあるにしても、きっと出られると。

― 昨日、ウインターカップの欠場が発表されてしまいました。
辞退するということは、ネットのニュースで知りました。高校で1年先輩の平良さん(ライジングゼファー福岡所属 平良彰吾選手)から昨日連絡が来て、市船出身のBリーガーは後輩たちにエールを送るために、一人ひとり動画をとって届けようという話をしました。距離的に一番近くにいるのが自分なので、自分が行動しなければという想いもあります。自分だけではできることが限られますが、池内GMや田村社長に相談して、少なからず何か行動を起こしたいという気持ちがあります。
後輩を応援したいという気持ちがヒシヒシと伝わる取材でした。
後輩を応援したいという気持ちがヒシヒシと伝わる取材でした。
― 具体的に考えていることはありますか?
この時期なので、訪問はできないかもしれません。でも自分の中では、学校に行ってあげたいなという気持ちはあります。3年生は僕が想像している以上に悔しいと思います。どんな言葉をかければいいのか全然わからないですけど、市船出身のプロの選手が来て少しでも喜んでくれるのであれば会いに行きたいです。近藤先生(当時の監督、現教頭の近藤義行先生)に来いと言われれば、必ず行きます。試合ができなくなったので、ジェッツのホームゲームで前座試合をするとか、そういうのがあってもいいのかなと思います。平良さんから連絡が来たあと、何か行動を起こしたいとずっと考えていました。

― プレスリリースによると、JBAからの辞退勧告があって辞退を申し入れたそうです。辞退を決めるほど酷なことはないので、まだ勧告されたほうがあきらめがつくかもしれないと思いました。
僕も、勧告されて決めたというほうがまだいいと思います。近藤先生も悔しがっていると思いますが、それより今年の3年生のほうが悔しいはずです。インターハイがなくなって、開催されるかどうかもわからないのにウインターカップのために一生懸命に練習をして、ウインターカップが開催されることになって、努力して出場権をつかみ取った。それなのに、いきなり目の前から消えたわけなので、そっちのほうが自分的には心配です。

― ウィンターカップに出るために市船に入った生徒もたくさんいますよね?
絶対にいると思います。去年出ているとはいえ、自分が3年生のときに出るのは全然違います。3年生のウインターカップは、本当に特別な存在です。自分のことを思い起こしても、2年生のときにも主力として出ていましたけど、3年生のときは負けたら終わりという緊張感がありました。それに、最後楽しんで終わろうと思えた大会は、3年間の中でウインターカップだけでした。新しい発見もたくさんありました。だから、それが目の前から消えたなんて、可哀そうとしかいいようがないです。
プロとして活躍する姿で元気を送ります。
プロとして活躍する姿で元気を送ります。
― ウインターカップ出場経験者だけに、もし自分がいま3年生だったらと考えてしまいますか?
はい、それはあります。もし自分が高校3年生に戻って、同じ立場だったら……どうなってしまうかわかりません。何のために市船に来たのか自分でもわからなくなるし、バスケットボールを嫌いになりかねない。そのくらいショックだということです。もし自分にできることがあるなら、全面的にサポートします。

― 後輩たちにメッセージをお願いします。
切り替えろと言われても絶対に無理だし難しいけど、1~2年生は今年の悔しさを来年晴らしてほしい。それが今年の3年生への恩返しにもつながると思います。3年生にはどんな言葉かければいいんだろう…難しいですね。簡単に前を向けなんて言えない。簡単に切り替えられるはずがない。とにかく頑張ってほしいなという気持ちだけです。
クラスターが発生したと聞いたときに何かできることはないかと考えて、赤穂選手の頑張る姿と後輩へのメッセージをお伝えしたいとインタビューをお願いしました。欠場が直前に決まった難しいタイミングだったので、それを素直にお伝えしたところ、赤穂選手は後輩のためになるならと率直な気持ちを聞かせてくださいました。
赤穂選手の活躍が多くの人々に勇気を与えると思いますので、今後の活躍にも期待したいですね!

赤穂選手のサイン入りオフィシャルイヤーブックを、抽選で2名の方にプレゼント!

プレゼントは締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました!!

赤穂選手のメッセージが一人でも多くの方に届いてほしいという想いから、Twitterのリツイートを条件とした読者プレゼントを実施! 赤穂雷太選手のサイン入り、オフィシャルイヤーブックを抽選で2名様にプレゼントします。みなさんの応募が拡散につながりますので、ぜひご協力ください。
応募方法
まいぷれ船橋公式アカウントの該当Tweetリツイート、または引用リツイートするだけ!

応募締め切り
2021年1月3日(日)23:59

エールを送りましょう!
ぜひ応募時の引用リツイートで、応援コメントをお寄せください。千葉ジェッツ、赤穂選手、市船、その他応援を送りたいどなたに向けたものでも構いません。市船へのエールは、まとめて学校にお送りします。

※当選者の発表は、ご本人への連絡をもってかえさせていただきます。
※当選者の方にはまいぷれ船橋公式アカウントからDMを差し上げます。フォローしていただくか、DMを受け付けられるように設定をお願いします。

最後に…

選手入場のときには、赤い階段のうえで毎回違うパフォーマンス。<br>大宮選手に、同じことをしないように言われているとか。<br>大型スクリーンにもこのように映し出されますので、現地観戦の方は必見です!
選手入場のときには、赤い階段のうえで毎回違うパフォーマンス。
大宮選手に、同じことをしないように言われているとか。
大型スクリーンにもこのように映し出されますので、現地観戦の方は必見です!

PICK UP 千葉市美浜区のお店 ~~