地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市美浜区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市美浜区の地域情報サイト「まいぷれ」

GO!GO! 千葉ジェッツ

田口成浩選手&富樫勇樹選手 2ショットインタビュー!!

仲の良い2人がふたたび同じチームに! 軽快トークが止まらない!?

2018/09/28

千葉県初のプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツ」の情報をお届けする千葉ジェッツ公式応援サイトです。どのメディアよりも熱く深い愛情を持って取材記事を更新していきます。

第一弾は、田口選手と富樫選手のサイン入りポスタープレゼント!!

いよいよB.LEAGUE2018-19シーズンが始まります。今シーズンは名誉あるリーグ開幕戦が、川崎ブレイブサンダースを迎えて10月4日に船橋アリーナで開催されます。それは念願のリーグ制覇を目指す長い戦いの始まりです。せっかく地元にプロチームがあるのですから、来年4月まで続くこのシーズンをめいっぱい楽しみましょう!

ということで、今シーズンの「まいぷれ」はいつにも増して気合いが入っています。その一つとして、「まいぷれTwitterキャンペーン」と題し、毎月読者プレゼントを実施することをここに宣言します!!

その第一弾は、「田口成浩選手と富樫勇樹選手のサイン入りポスター」を3名様にプレゼント! 応募方法はこの記事の最後にお伝えします。

早速おふたりにサインをいただきに伺うと……
最初に現れたのは田口選手。
「勇樹いないの? あいつどこに行ったんだろう?」
はい、探してきます。
すぐにジャンボくんと一緒にいる富樫選手を発見!

どうやら5歳児の相手に疲れ切った様子。
でも待ってますから早く来てくださいね。
「勇樹、おまえ、何でもう着替えてんの!?」と田口選手がビックリするのもスルーして、サインに没頭する富樫選手。マイペースです。そして、無事にサイン入りポスター3枚をゲットしました。

せっかくなのでお話も聞いてきましたよ。
「え、そのサイン…」
「え、そのサイン…」

お互いを知り尽くしているから言えること!

― 今年のジェッツはどんなチームになりそうですか?

富樫選手 「日本代表の活動に参加していて、まだ3回しかチームで練習していないので、知り尽くせてなくて。だからそれは田口選手が答えます(笑)」

田口選手 「じゃぁ、自分が代表して。富樫や原が不在の中でプレシーズンをやってきましたが、ここから勇樹が入ってチームは一つ変化を見せられると思います。勇樹がいない中でもプレシーズンを戦い切った経験は、シーズン中にも活かせると思います。それにチームは去年以上によくなると信じています。自分は今年から加入したので、チームが去年より劣ったと言われないように頑張っていきたいと思います」
「うん、うん」。田口選手がうなずき始めました…
「うん、うん」。田口選手がうなずき始めました…
― お互いに知り尽くした関係だと思いますので、お互いの魅力を教えてください。

富樫選手 「やっぱり田舎臭いプレーがウリの田口選手です(笑)」

田口選手 「田舎臭いんじゃなくて、泥臭いだろ(笑)」

富樫選手 「3ポイントっていう派手なところもありますが、ルーズボールもリバウンドも頑張る選手で、練習でも常にマイク(マイケル・パーカー選手)と果敢に争ってます。9割負けてますけど」

田口選手 「そうだね、負けてるね」

富樫選手 「でも行かなきゃ取れないわけで、そこは大事な場面での一本のオフェンスリバウンドにつながるとわかって挑んでいること。ベンチでもそうですが、常にチームファーストで、田舎臭くやってます」

田口選手 「泥臭いって言えって(笑)。富樫は小柄ながらもスピードがあってシュートが入る、それは全国のバスケファンがわかっていることです。自分は、その裏で努力して練習している姿をずっと見てきたので、誰もが富樫になれるわけじゃないと思ってます。意外とチャランポランに見えるときもありますけど、チームメートを思っているし、勝ちにこだわる熱い気持ちを持っています。コート上で見せる姿だけではなくて、そういう影の姿もあると自分は断言できます」

― 自分自身で、今シーズンはこういうプレーを見せてやる!という意気込みは?

富樫選手 「個人的には去年と同じ役割だと思っていて、特に、悪い時間帯に流れを変えられるプレーをしていきたいですね。昨年は8月末からずっとチームで過ごして開幕を迎えたので、それに比べると今年はチームと過ごした期間がすごく少ない。不安というわけではないけど、どのプレーがチームとしていいのか、悪いのか、理解しきれていない面はあります。でも、初戦が川崎戦だし、もうやるしかないと。ホームでできるアドバンテージを活かしたいと思います」

田口選手 「自分はシュートを思い切り打ちに行く気持ちを常に持っているので、そこは見てほしいですね。あとは勇樹が言ってくれた泥臭いところ、誰よりも早くリバウンドに行くというようなスタッツに表れないところや、メインのメンバーを支えるところ、そういったところも見てほしいですね」
「ここ、ここ。おまえこれ…ナイスおいさー!」
「ここ、ここ。おまえこれ…ナイスおいさー!」
― ちなみにプライベートでもいつも一緒にいるんですか?

田口選手 「時間が合えば一緒にいるよね」

富樫選手 「食事行ったりね」

― ファンの方へのメッセージをお願いします。

富樫選手 「長いレギュラーシーズン、60試合を一戦一戦、戦っていきます。平日開催が増えますが、船橋アリーナでの平日開催は初めてだと思うので、ぜひ観に来てほしいです。相手がどこであろうと、簡単な試合はありません。毎試合満員の会場でプレーすることで選手はモチベーションがあがりますし、結果につながってくると思います。まずはチャンピオンシップをホーム開催できるように、応援してください。その力が、去年の勝利を呼び込んだ部分でもあり、アウェイとホームでは全然違いますから、応援よろしくお願いします」

田口選手 「秋田から覚悟を持って移籍してきましたので、その気持ちを存分に発揮して、その心が観てくださっている方に伝わるようにプレーすることを誓います。田口というプレーヤーを見て、また観に行きたいと思ってもらえるようなプレーを心がけて全力でやっていきたいと思いますので、まずは会場にプレーを観に来てください。そして足を運んでくださったからには、バスケットというものを全力で楽しんでもらえるようにしますので、千葉ジェッツ、そして田口をよろしくお願いします。おいさー!」

富樫選手 「絶対においさー!入れてくるもん。ダメですよ、隙を与えたら」

とても仲のよいおふたりの様子、少しは感じていただけましたでしょうか?
ではプレゼントの応募方法のお知らせです。

Twitterキャンペーン応募方法

キャンペーンは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!

応募方法は簡単です。みなさんのご応募お待ちしております!

1. 「まいぷれ船橋」の公式Twitterをフォローする
2. 該当ツイートをリツイートする
3. 富樫選手の「通常サイン」か「おいさーサイン」か、ご希望のある方は該当ツイートにコメントとして記入してください。また、選手への質問や応援メッセージもコメント欄で受け付けます。


応募締め切りは、2018年10月4日(木)です。
当選者の方には、10月5日(金)に「まいぷれ船橋」のTwitterアカウントからメッセージを差し上げます。

※郵送先は当選通知と同時にお尋ねします。もし1週間ほど返信がない場合には、他の方へと当選を変更させていただく場合がありますのでご了承ください。
左が「通常サイン」、右が「おいさーサイン」
左が「通常サイン」、右が「おいさーサイン」

PICK UP 千葉市美浜区のお店 ~~