地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、千葉市美浜区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

千葉市美浜区の地域情報サイト「まいぷれ」

編集部のつぶやき(千葉・船橋・市川・習志野)

アルティーリ千葉が1年でのB2昇格をかけて、一発勝負の大一番に挑みます!

キャプテン大塚裕土選手がチームを牽引!

千葉市に拠点を置き、今シーズンからBリーグに参入したアルティーリ千葉。レギュラーシーズンを2位で終え、2022年5月28日(土)に、B2への昇格をかけたB2昇格決定戦2021-22に挑みます。

舞台は東京体育館。勝てばB2、負ければB3という一発勝負。まさに明暗を分ける大一番です。


アルティーリ千葉は「世界中のファンを魅了するクラブを創る」ことを目指し、エスペラント語で人を魅了するという意味を持つ“アルティーリ”をチーム名に。

 

ホームゲームをクラブカラーのブラックネイビーで統一し、洗練された空間を創出。華やかなライティングで試合への高揚感を煽り、特別な時間を提供してきました。

 

掲げた目標は、最短でB1昇格(1年でB2昇格、次の1年でB1昇格)、そして5年でのB1優勝です。世界トップクラスのヘッドコーチやスタッフ、B1クラスの選手を集め、開幕前から話題を呼びました。

 

シーズンが始まると、その強さは想像以上のものでした。各地で勝利をおさめ、1年でのB2昇格に向けてグングンと勝ち数を伸ばします。

 

しかしA千葉の前に立ちはだかる、大きな壁が……。同じく今シーズンから初参戦の長崎ヴェルカです。

熱いプレーが注目の岡田優介選手

長崎は、B1優勝を目指す宇都宮ブレックスで主力選手だったジェフ・ギブス選手をはじめ、実力派揃いのチームを構成しました。45勝3敗という、圧倒的強さでB3優勝を果たし、すでにB2昇格を決めています。

 

追いかけるA千葉は、B2昇格決定戦へと駒を進めました。

 

A千葉の本拠地である千葉ポートアリーナでの最終戦は、4月10日にその長崎を迎えての白熱した一戦でした。

 

立ち上がりからバチバチと火花が散るような戦い。藤本巧太選手(#9)やキャプテンの大塚裕土選手(#24)が、果敢にドライブを仕掛け、序盤から接戦の白熱した試合を展開します。

試合をコントロールする司令塔の藤本巧太選手

残念ながら72対81で敗戦にはなりましたが、今後のチームの成長を期待できる素晴らしい試合でした。特に点差を離されながらも食らいついていた時間帯の、ベンチの岡田優介選手(#10)からの「まだいけるよ!」という叫び。決して諦めることのない精神が感じられて胸が熱くなりました。

 

開幕前に「プロキャリア15年目。いままでのプロバスケットボール選手のキャリアで得たもので、チームを勝利に近づけたい」と話していた岡田選手。3pシュートの名手でもありますので、B2昇格決定戦での大活躍に期待です。

初代ヘッドコーチ アンドレ・レマニスHC

B2昇格決定戦2021-22は、2022年5月28日(土)の19:00試合開始。B3TV、バスケットLIVE、J:COMチャンネル千葉エリアで放送予定です。

 

対する相手は、2020-21シーズンで2位(1位のアイシンはB2ライセンスなしのため)のトライフープ岡山。比留木謙司HC率いる、西の名門です。

「いいときも悪いときも声援をし、私たちをサポートしてくださっているファンのみなさんが、我々のプレーに魅力を感じてくれていたらいいなと思います」と語っていた指揮官のアンドレ・レマニスHC。

 

28日の試合では、選手一人ひとりがベストパフォーマンスを出し、ファンを魅了する試合を見せてくれることでしょう。新たな歴史の1ページとなる試合を、みなさんもぜひ注目してみてくださいね!

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。

人気のキーワード